土地建物の名義変更

写真:土地のイメージ

期限はありませんが、先代名義の土地建物をそのままにしておくと、その土地建物を売却しる場合、またはお金を借りる際に抵当権を設定する場合には、何代にもさかのぼって「遺産分割協議書」を作成することとなり、中にはすんなりとハンコを押していただけない方も出てくる可能性は大いにあります。したがって相続発生ごとに手続きをすることが大事です。

私ども「相続贈与あんしんセンター」では土地建物の名義変更に必要な不動産登記情報の取得、戸籍等の収集、法定相続情報の取得、遺産分割協議書作成の代行ができます。登記作業は司法書士の業務となりますので、提携先をご紹介いたします。



無料相談に応じます!まずはお電話ください。

相続あんしんホットライン 0120-777-742